エンターテイメント

【元芸人/現構成作家が】THE W 2020を勝手に採点・分析

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
私、ことりはかつて吉本興業で4年少々芸人やっておりました。今もお笑いが好きというのは変わらず、いわゆる賞レースの決勝は毎回録画して自分なりに採点して順位をつけております。今回は先日行われた「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」の採点をしてみました。以下敬称略。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

THE W 2020の採点をしてみた

番組での審査は勝ち残りノックアウト方式で行われ、ファーストステージAブロックの勝者とBブロックの勝者で最終決戦。

ノックアウト方式-1組目と2組目がネタを披露し、審査員+視聴者投票の得票数が多かった方が暫定1位に。続いて3組目がネタを披露し、暫定1位とどちらが面白かったかを投票。という流れで、最後まで勝ち残るとブロック勝ち抜きとなりファイナルステージ進出が決まります。

審査員は川島明(騏驎)、田中卓志(アンガールズ)、哲夫(笑い飯)、久本雅美、ヒロミ、リンゴ(ハイヒール)の6名。審査員各1票と視聴者投票(リモコンのdボタンを使用しての投票)1票の合計7票によって審査が行われます。
私は項目を分けて採点してその合計点を芸人ごとに出してみました。
  • 合計100点満点で採点。
  • 【構成】:25点満点(ファーストステージ勝ち抜け最低ラインを20点)。
  • 【表現力・タレント性】:25点満点(同最低ラインを20点)。
  • 【オリジナリティー】:20点満点(同最低ラインを15点)。
  • 【客受け】:20点満点(同最低ラインを15点)。
  • 【エクストラポイント】:10点満点で基準点は5、クスッとくるポイントがあれば加点、あとは出番順や個人的つぼなどで加点します。

Aブロック

A-1.TEAM BANANA

漫才:シンデレラはいい子じゃないしいい話じゃない。

構成 22/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 8/10
合計 88/100
トップで堂々としゃべくり漫才をやりきったところで1ポイント、拍手笑いが2箇所ほどあったので2ポイントでエクストラポイントは8になりました。

寸評

  • しっかりしたしゃべくり漫才で技術は確かだが、ややネタ時間が長く感じた。
  • もっとすぐに「シンデレラ」の話にスッと入った方がいいのでは。お客さんの様子を探るような入りで、劇場漫才のような空気感だったが、賞レースなのでしょっぱなからもっとフルスロットルで入ってもよいのではと思いました。
  • シンデレラの話で最後まで引っ張っていたが、例えば途中で別の絵本の話にするとか、あるいはシンデレラだけじゃなく王子様の方にも問題があるとか、もう少し展開があってもいいのかも。

A-2.オダウエダ

コント:捕らえられた女。怪しい女にピストルを突きつけられ、その後いろんなモノで脅され・・・

構成 22/25
表現力・タレント性 21/25
オリジナリティー 17/20
客受け 17/20
エクストラポイント 7/10
合計 84/100
拍手笑いが1回あり1ポイント、後半二人の立場が入れ替わっての馬鹿馬鹿しい展開で1ポイントでエクストラポイントは7になりました。

寸評

  • 捕らえらた女を怪しい女が脅す、その脅し方がボケになるのですが、ボケが単発で単調に感じた。
  • 例えば、なぜ捕まったのか、捕まえた目的は何なのかとか、捕まることによってどういうことが困るのか、何が不都合があるのかなど、二人の背景がわかると展開もボケも広げることができたかも。
  • 後半脅していた方と脅されてた方の立場が逆転した箇所は、その後の馬鹿馬鹿しい展開含め良かったと思います。
1.TEAM BANANA vs 2.オダウエダ
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
1 1 2 2 2 1 1
4対3で「TEAM BANANA」勝ち残り

A-3.にぼしいわし

コ漫才:公園の遊具「うんてい」で遊ぶ子どもと、「うんてい」を発明した人。

構成 21/25
表現力・タレント性 22/25
オリジナリティー 17/20
客受け 16/20
エクストラポイント 6/10
合計 82/100

ツッコミの達者さに1ポイントで、エクストラポイントは6になりました。

寸評

  • ボケのキャラクターへの比重が高い漫才だが、キャラをわからせた上でのボケが薄いかなという印象。
  • もっとツッコミがボケに振り回されるのか、もしくはボケを猿回しの猿的役割にしてツッコミ中心に展開するのか、極端に振った方がいいのでは。
1.TEAM BANANA vs 3.にぼしいわし
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
1 1 1 1 1 1 1
7対0で「TEAM BANANA」勝ち残り

A-4.紅しょうが

漫才:美容院のお客と美容師。お客は美容師と付き合いたい。

構成 23/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 19/20
エクストラポイント 9/10
合計 91/100

掴みの早さで1ポイント、「行き過ぎた自虐笑えないですよね」が個人的ツボで1ポイント、拍手笑が2箇所で2ポイントで、エクストラポイントは9になりました。

寸評

  • 最初の掴みでしっかりお客さんを掴んで、自分たちがやりやすい環境と空気感を作った印象。テンポ感と間も心地良かった。
  • 美容師と客という設定はスタンダードだが、二人のキャラ・役割分担もはっきりしており、最初から最後までお客さんの心を離さず、きっちり笑いを取っていた。
1.TEAM BANANA vs 4.紅しょうが
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
4 1 4 1 4 4 4
5対2で「紅しょうが」勝ち残り

A-5.ターリーターキー ※スパイクが出演見合わせとなり繰り上がり出場

コント:彼氏がアメリカに行ってしまうのを引き留めに行く女社長とその部下
構成 22/25
表現力・タレント性 22/25
オリジナリティー 16/20
客受け 16/20
エクストラポイント 7/10
合計 83/100

BGMの効果的な使い方で1ポイント、しっかりした演技とドラマチックさに1ポイントで、エクストラポイントは7になりました。

寸評

  • ドラマチックな導入のコントで2人の演技もしっかりしているが、最初の笑いまで時間が掛かった。
  • 途中暗転して「プロジェクトは失敗した」で済ませてしまうのですが、唐突で無理やり入れ込んだ印象。このくだりを入れるなら、失敗した結果どんなピンチに陥ったのかとか、どう挽回するのかとか、失敗を生かす展開にする方が良いのでは。
  • 爆発力のあるボケや裏切りが無いままコントが進んでいった印象です。
4.紅しょうが vs 5.ターリーターキー
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
4 4 4 4 4 4 4
7対0で「紅しょうが」勝ち残り。紅しょうがが最終決戦進出。

Aブロックを終えて

私の採点は

  • 1位:紅しょうが91点
  • 2位:TEAM BANANA88点
  • 3位:オダウエダ84点
  • 4位:ターリーターキー83点
  • 5位:ニボシイワシ82点

Aブロックの審査は概ね妥当かなと思いました。総評としては採点した結果どおり「紅しょうが」が抜けており最終決戦進出は文句無しで、少し差があって「TEAM BANANA」、そして差があって「オダウエダ」「ターリーターキー」「ニボシイワシ」の3組かなという印象です。

Bブロック

B-1.Aマッソ

漫才:プロジェクターで映像を背景に投射して、その映像をフリにして掛け合う独特なスタイルの漫才

構成 22/25
表現力・キャラ 22/25
オリジナリティー 18/20
客受け 18/20
エクストラポイント 9/10
合計 89/100
映像を使った漫才というスタイルに1ポイント、拍手笑い3箇所で3ポイントでエクストラポイントは9になりました。

寸評

  • THE Wだから披露できたであろう、他のコンテストでは出来ない唯一無二のネタ。その独創性は評価したいです。
  • ただボケに合わせて映像が作られてる感、映像の取ってつけた感は否めません。もっと映像を使う意味合いや整合性を感じさせるような工夫が必要かもと思いました。

B-2.ゆりあんレトリィバァ

コント:サザエさんのカツオに扮し、「姉さんは大きな間違いをしてるよ」とサザエに物申し、次週予告と提供読み上げまで・・・

構成 22/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 18/20
客受け 17/20
エクストラポイント 7/10
合計 87/100
賞レースの緊張感をいい意味で感じさせない太々しさに1ポイント、存在感と世界観でお客さんを引き付けられるところに1ポイントでエクストラポイントは7になりました。

寸評

  • ゆりあんのキャラを生かしたコントで、賞レースの決勝でやりたいことを堂々とやりきる勇気と胆力はお見事。
  • 「姉さんは大きな間違いをしてるよ」のフレーズを繰り返して、どんどんお客さんをハメていく地肩の強さはさすがですが、拍手笑いが起きるような爆発的な笑いは無かった。
  • 基本は天丼で予想を裏切る展開などは無く、ひたすらアホなことを続けるという、まあゆりあんらしいネタだなという印象。
1.Aマッソ vs 2.ゆりあんレトリィバァ
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
1 1 2 2 2 2 1
4対3で「ゆりあんレトリィバァ」勝ち残り

B-3.吉住

コント:女審判(野球の審判)が審判の格好のまま、彼氏とのデートの待ち合わせに遅れてきて・・・。

構成 24/25
表現力・タレント性 24/25
オリジナリティー 18/20
客受け 19/20
エクストラポイント 10/10
合計 95/100

拍手笑2箇所で2ポイント、「ごめんね彼女が女審判で」の明かし方で1ポイント、「聞こえない」の時の審判ポーズで1ポイント、選手のことは内野か外野かでしか見てないで1ポイントで、エクストラポイントは10になりました。

寸評

  • 設定が素晴らしい、演技が素晴らしい。
  • 動きも言葉のボケもしっかりお客さんにハマっていてお見事でした。
  • 野球の要素をうまく彼女と彼氏のやりとりに絡めて、途中回想シーンもあったり展開もあるネタで構成も上手。
2.ゆりあんレトリィバァ vs 3.吉住
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
3 3 3 3 2 3 2
5対2で「吉住」勝ち残り

B-4.はなしょー

コント:入院してるおばあさんと、お見舞いに来た隣の入院患者の孫(見た目ヤンキー)のやりとり。

構成 23/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 8/10
合計 89/100

「本当にお手玉はやらなそうだね」で拍手笑も起き1ポイント、吉住に負けず劣らずしっかり作られたコントに1ポイント。舞台には出てこない隣のおばあさん「としえさん」を印象づけられる確かな演技力に1ポイントで、エクストラポイントは8になりました。

寸評

  • おばあちゃんと、隣の入院患者の孫の絡み。板の上にはいない隣の入院患者「としえ」さんの存在を意識させながら、2人でしっかり演じ切る演技力は見事。
  • テンポ良い会話のやりとりで進めるネタで、ボケの手数も多く良くできたコント。
  • 「としえさん」以外の看護師・医者あるいは別の入院患者とか、他者の登場とかがあれば、2人のキャラや関係性に厚みを持たせることが出来て、もっと意外な展開や裏切りが作れたのかなと。
3.吉住 vs 4.はなしょー
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
4 3 3 3 3 3 4
5対2で「吉住」勝ち残り

B-5.ぼる塾

漫才:カメラマンに恋しちゃった〜IT関係の人ともいい感じ〜ダイエットしないと
構成 22/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 10/10
合計 90/100

カメラ持たしたら足の裏見せたって「可愛い」って言ってるに1ポイント。まともな奴の格好じゃねえだろに1ポイント。あんりのツッコミの安定感に1ポイント。「黙れ!できもしねえのに」に見事ハマり2ポイント、エクストラポイントは10になりました。

寸評

  • 独特のテンポ感と空気感の漫才。テレビ露出が増えてキャラクターがバレてる中で堂々とやりきってました。
  • あんりが田辺さんを持ち上げながらイジる流れは定番ですが、しっかりためといて後半に「黙れ!できもしないのに」と田辺さんにズバっとツッコミが決まった瞬間は、間も声のトーンもテンションも完璧で気持ち良かったです。
  • 3つのテーマを無理やり一つに入れ込んだ形の漫才で、ストーリー性はない。小ボケがあってそれをフリにして大ボケにとうねるような構造にはなっていない。3人の個性を生かす上でそれが特徴かもしれないが、弱点でもあるように思えます。
3.吉住 vs 5.ぼる塾
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
5 3 3 3 3 3 5
5対2で「吉住」勝ち残り。吉住が最終決戦進出。

Bブロックを終えて

私の採点は

  • 1位:吉住95点
  • 2位:ぼる塾90点
  • 3位:Aマッソ89点
  • 3位:はなしょー89点
  • 5位:ゆりあんレトリィバァ87点

「吉住」の最終決戦進出は文句無し。抜けてたと思います。番組審査と異なるのは「ゆりあんレトリィバァ」の評価です。私の採点ではBブロックの最下位の点数でしたが、実際スタジオで生で見ると、ゆりあんの世界に巻き込まれて印象が変わるのかもしれません。全体的にBブロックの方がレベルが高く、「ぼる塾」「Aマッソ」「はなしょー」の3組も総じて出来が良く、Aブロックに入っていたら決勝進出していたかも。

最終決戦

ネタ順はくじ引きで「吉住」、「紅しょうが」の順となりました。

最終決戦1.吉住

コント:強盗が立て篭もってる銀行。そんなさなかに銀行員が支店長に告白。
構成 23/25
表現力・タレント性 24/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 8/10
合計 90/100

1本目とはまた違うウザさのある銀行員のキャラを演じる演技力に1ポイント、拍手笑い2回で2ポイント、エクストラポイントは8になりました。

寸評

  • 1本目ほどの爆発力は無いが、設定・キャラクター・展開トータルで良くできたコントでした。
  • 同僚の女性、支店長の男性、強盗犯と3人の違う相手とのやりとりをしっかり演じ分けていたのはさすが。
  • 言葉でも動きでもしっかりウケを取っていました。

最終決戦2.紅しょうが

漫才:彼氏ができたら浮気される。彼氏が浮気相手とイチャイチャしてるのを見ても取り乱さないように練習したい。
構成 22/25
表現力・タレント性 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 7/10
合計 87/100

舞台上での落ち着きと堂々とした振る舞いに1ポイント、拍手笑い1回で1ポイント、エクストラポイントは7になりました。

寸評

  • 安定感があり、立ち居振る舞いは貫禄がありました。
  • 2本目も最初の掴みでしっかりお客さんを掴んでましたが、ネタ全体として1本目よりもやや弱いという印象は否めません。
  • 設定上2人の距離が離れるシーンが多く、その分ややテンポが悪くなるシーンが見受けられた。
  • 浮気相手・彼氏がそれぞれどんな人物かなど背景が見えると、もう少し展開が広がったのかも
最終決戦1.吉住 vs 2.紅しょうが
視聴者 川島 田中 哲夫 久本 ヒロミ リンゴ
1 1 1 2 1 1 1
6対1で吉住が優勝

最終決戦を終えて

私の採点は

  • 優勝:吉住90点
  • 2位:紅しょうが87点

共に1本目に比べると2本目は爆発力に欠けましたが、「吉住」のネタの方が設定・キャラクター・展開トータルで良くできていて安定感がありました。

番組・審査に関しての考察

審査方法

やはり気になるのは「ノックアウト方式」という決め方です。AブロックとBブロックに分かれて、それぞれ勝ち残った1組が最終決戦で対決するという形ですが

  • 5組で行うと、1組目が勝ち残るには4回連続相手に勝つ必要があるが、5組目は1回相手に勝てば最終決戦に進出できる。よって後半の方が有利。
  • 今年はAブロックは4組目「紅しょうが」、Bブロックは3組目「吉住」と共に真ん中より後の出番が勝ち上がりました。
  • 全体的にAブロックがやや低調で、Bブロックにウケを取る芸人が偏ってしまった。

提言

  • シンプルにブロック分けせずに、10組を審査員の得点で審査すれば良いのでは。
  • 点数での審査の方が“お笑いコンテスト感”が強まると思います。ただ、その分審査員に負担は掛かりますが・・・。
  • 視聴者投票を入れ込みたくてノックアウト方式にしてると思われますが、視聴者の票が『1組目の方が多かったので1組目に1票』という反映のされ方で票数の差も分からないし、投票のしがいも無い。
  • 中途半端に視聴者投票をやるよりも、いっそ無しにしてしまった方が良いのでは。

番組としてのTHE W

「なぜ女芸人というくくりなんだ」「面白くないコンビ・芸人が多い」という批判がずっとある【THE W】ですが、番組としてこの大会をしっかり育てて価値ある大会にしていこうという意図は感じます。個人的に評価したいのは

  • コンテスト以外のバラエティー要素が、EXITと生見愛瑠が大会サポーターとして視聴者からの感想コメントを紹介するのと、ゲストで前年優勝の「3時のヒロイン」がコメントをする程度で番組観覧ゲストなどもない。賞レース・コンテストに集中できる。
  • ネタ中に客席やゲストや審査員の笑ってる顔を映したりせず、ずっと芸人を画面に映し続けているのは芸人へのリスペクトを感じる。

来年以降に向けて

個人的な願望としては
  • 決勝までの道のり(1回戦から準決勝まで)も、ネット等で追っていけるようになると、より視聴者の熱も上がり、権威ある大会となっていくのではないか。
  • 先ほども述べたとおり、ノックアウト方式ではなく点数での採点で良いのでは。出場する芸人としては、点数で審査された方が他の芸人と自分たちとの比較が出来てダメだった部分と良かった部分を見直すこともできます。
  • 審査員のコメント時間をもう少し増やして欲しい。それぞれの審査員がどういう基準で審査してるのかがわかると、大会として番組としてより面白くなるのでは。
ということで勝手ながら、THE W 2020の採点をして考察してみました。年々レベルも上がっており来年以降も楽しみな大会です。
じゃらん特集一覧