エンターテイメント

【元芸人/現構成作家が】M-1グランプリ2020決勝を勝手に採点

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
私、ことりはかつて吉本興業で4年少々芸人やっておりました。今もお笑いが好きというのは変わらず、いわゆる賞レースの決勝は毎回録画して自分なりに採点して順位をつけております。今回はM-1グランプリ2020決勝の採点をしてみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

Mー1グランプリ2020決勝の採点をしてみた

M-1グランプリ2020決勝の審査方法は
  • 「ファーストラウンド」は7人の審査員が1人100点の持ち点で審査。
  • 1組のネタが終わるごとに「笑神籤(えみくじ)」というクジで、次にネタを披露する芸人が決まる。
  • 昼間に行われた敗者復活戦によって、1組が決勝に勝ち上がる。
  • ファーストラウンド10組のネタ終了後、得点上位3組が「最終決戦」に進出。
  • 最終決戦はファーストラウンド3位→2位→1位の順に2本目のネタを披露し、審査員は3組のうち1組に投票。最も票数を集めた芸人が優勝となる。

という方式です。

項目に分けて勝手に採点

今回私は項目に分けて勝手に採点し、その合計点を芸人ごとに出してみました(以下敬称略)。

  • 合計100点満点で採点。
  • 【構成】:25点満点(決勝に出てくる最低ラインを20点)。
  • 【表現力・熱量】:25点満点(決勝に出てくる最低ラインを20点)。
  • 【オリジナリティー】:20点満点(同じく決勝最低ラインを15点)。
  • 【客受け】:20点満点(同じく決勝最低ラインを15点)。
  • 【エクストラポイント】:10点満点で基準点は5、クスッとくるポイントがあれば加点、あとは出番順や個人的つぼなどで加点。

ファーストラウンド

①インディアンス

内容:ツッコミのきむが昔は悪かった

構成 22/25
表現力・熱量 24/25
オリジナリティー 18/20
客受け 18/20
エクストラポイント 10/10
合計 92/100
最初の掴みまでの早さで1ポイント、サザエさんヤンキーのしつこい小ボケで1ポイント、拍手笑い2箇所で2ポイント、ツッコミきむの「うるさいな」が客席と心が一致した絶妙なタイミングで1ポイント、エクストラポイントは10になりました。

寸評

  • 敗者復活の勢いを生かし、のびのびとアドリブも入れて楽しそうにネタをやっていました。
  • 去年審査員の中川家礼二が、インディアンスへの寸評で「人間性が見えない」と言いました。今回は一旦敗退し敗者復活から上がったことで開き直れたのか、二人の人間性を感じるネタだったと思います。
  • 「ヤンキー」「サザエさん」という定番の素材の扱い方をもう一捻りするのか、あるいはもっと別のそれこそ「コーンフレーク」じゃないですが、“そこに着目するのか”みたいな素材で今回のようにノビノビできると、優勝も見えてくるのでは。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
89 89 85 89 90 90 93 625

②東京ホテイソン

内容:謎解き

構成 23/25
表現力・熱量 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 17/20
エクストラポイント 8/10
合計 88/100
1つ目の笑いまで時間かかったが、そこで拍手笑いで1ポイント、「アンミカ」での拍手笑いで1ポイント、「アンミカドラゴン新大久保に出現」での拍手笑いで1ポイントで、エクストラポイントは8になりました。

寸評

  • 謎解きの説明が若干くどく感じてしまいました。
  • インディアンスの次という出番順もあってか、システム感の強さ・台本っぽさを感じ、人間味の薄さを感じてしまいました。
  • 中盤「アンミカドラゴン〜」くらいまで観客にハマってましたが、中盤以降失速した印象。
  • ボケ数を増やしてもっと畳み掛けるのか、あるいは「アンミカ」〜「アンミカドラゴン」のようにボケをフリにして、次のボケで更に大きな笑いを取る箇所を増やすのかが出来ると、更に高得点になったかもしれません。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
86 91 85 89 88 86 92 617

③ニューヨーク

内容:ボケ嶋佐の話す爆笑エピソードが・・・

構成 23/25
表現力・熱量 22/25
オリジナリティー 18/20
客受け 17/20
エクストラポイント 9/10
合計 89/100
キャラクターと合致したネタで1ポイント、「爆笑エピソード」での掴みで1ポイント、「細かい犯罪気になるわ」で1ポイント、「無料で全部漫画読めるサイト」で1ポイント追加でエクストラポイントは9に。

寸評

  • 構成もしっかりしたネタで安定して笑い取っていましたが、拍手笑いが起きるような爆発する箇所がなかった。
  • このネタにおけるツッコミ屋敷の立場が平坦で、ややもすると機械的な印象でした。
  • 例えば細かい犯罪を犯すボケをもっと強く静止するのか、それとも一旦ボケに共感しそうになって我に返る部分があるのか、ツッコミがボケに感情を動かされて、それに対して強弱をつけてツッコむ箇所があるといいのかなと思いました。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
88 93 93 91 91 92 94 642

④見取り図

内容:芸人とマネージャー

構成 24/25
表現力・熱量 23/25
オリジナリティー 18/20
客受け 18/20
エクストラポイント 10/10
合計 93/100
ボケのリリーがツッコミ盛山の髪の毛を掴む際の絶妙な掴み方で1ポイント、「自民党」で1ポイント、「無意識でやってしまいました」の回収で1ポイント、後半拍手笑いが2箇所あり2ポイント、エクストラポイントは10になりました。

寸評

  • 2人の感情をしっかりのせた漫才で後半尻上がりに笑いをとる理想的な形でした。
  • 舞台を左右に使う動きもあり、見ていて飽きない観客の心を離さないネタという印象です。
  • 理想を言うと「ナンチャン」「エミネム」など固有名詞ボケが単発で終わらず、更にあとのボケへのフリになってるといいのかもと思いました。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
91 92 93 93 93 91 95 648

⑤おいでやすこが

内容:カラオケで歌っても盛り上がらない

構成 23/25
表現力・熱量 24/25
オリジナリティー 18/20
客受け 19/20
エクストラポイント 10/10
合計 94/100
こがけんの歌のうまさとおいでやす小田のツッコミの熱量のミックス加減の絶妙さに1ポイント、一発目の「なんやねんその曲」のツッコミがハマり1ポイント、大きな拍手笑いが3箇所起きて3ポイント、エクストラポイントは10。

寸評

  • ピン芸人同士のユニットでそれぞれの特徴とキャラを存分に生かしていてお見事でした。
  • 爆発的な拍手笑いの量も多く、ウケはここまででトップかと。
  • 歌う→ツッコミの繰り返しという構成ですが、単調になりそうでそう思わせない歌のバリュエーションと2人の地肩の強さで、4分を乗り切った印象です。
  • テレビで見ていると、音響のせいなのかおいでやす小田のツッコミが聞き取れない箇所があったのが残念でした。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
92 93 93 96 95 95 94 658

⑥マヂカルラブリー

内容:ボケの野田クリスタルが高級フレンチに行くことになった

構成 23/25
表現力・熱量 24/25
オリジナリティー 19/20
客受け 18/20
エクストラポイント 9/10
合計 93/100
最初の土下座つかみで1ポイント、ボケの野田クリスタルの最初の入店時の拍手笑いからしばらく笑いが続いてところで2ポイント、丸太のくだりでの拍手笑いで1ポイント、でエクストラポイントは9。

寸評

  • めちゃくちゃやってるようでいて、動きの質(演技とも言っていいかもしれません)が抜群に高い野田クリスタルと、それをしっかり逃さずタイミング合わせてツッコむ村上の、2人の技術の高さが光るネタでした。
  • 後半やや失速するのがもったいない印象。
  • 前半の勢いのまま、最後までつっぱしれたらもっと高得点になったかも。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
88 94 94 90 96 93 94 649

⑦オズワルド

内容:ボケの畠中が名前を改名したい

構成 23/25
表現力・熱量 23/25
オリジナリティー 18/20
客受け 17/20
エクストラポイント 9/10
合計 90/100
「俺の口の中を雑魚寿司で埋めるな」で1ポイント、「日本語やめたのか」で1ポイント、拍手笑い2箇所で2ポイント加算でエクストラポイントは9になりました。

寸評

  • ローでゆっくり目な入りから、徐々に上げて最後フルスロットルになる流れは美しかったです。
  • ネタの題材がオズワルドならではで独特でした。ただどうしても説明箇所が多くボケの数が少なくなってしまった印象。
  • もっと後半ボケを畳み掛ける展開になるのか、あるいはもっとためてためて最後にドカンと爆発するネタにするか、どちらかだと点数が更に上がったかも。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
88 91 95 93 95 88 92 642

⑧アキナ

内容:地元の同級生の女の子が単独ライブを見にくる

構成 23/25
表現力・熱量 22/25
オリジナリティー 17/20
客受け 17/20
エクストラポイント 6/10
合計 85/100

 喋りと動きのバランスが良く、二人とも達者な漫才に1ポイントで、エクストラポイントは6ポイントに。

寸評

  • 出番順にも左右され部分はあったかと思いますが、前半で観客をあまり掴めなかった印象。個人的にもあまりハマらなかったです。
  • 1回目の「好きなん?」のツッコミのタイミングが早すぎる気が(お客さんがまだそこまで思ってないのに先回りしてる気が)しました。もう少し泳がせてから「好きなん?」とツッコんだ方が観客にハマったかも。
  • 第三者の同級生が登場するネタですが、例えばその同級生がどんな子か(見た目や性格や特徴)など背景を分らせておいて、それを生かしたボケなどがあると展開が広がったかもしれません。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
89 88 87 90 91 85 92 622

⑨錦鯉

内容:ボケのまさのりがパチンコ台になりたい

構成 23/25
表現力・熱量 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 18/20
エクストラポイント 8/10
合計 89/100
「ふざけんなよ」で拍手笑いがて1ポイント、「我慢しろよ」で拍手笑いがきて1ポイント
、「レーズンパンは見た目で損してる」の天丼が見事に決まり1ポイントでエクストラポイントは計8ポイント。

寸評

  • 馬鹿馬鹿しさ全開のネタで、ボケのキャラも相まって観客の心を掴み、最後オチでっかりとウケて終わるところは流石でした。
  • ただパチンコ台という設定がキャラとの相性として良かったのかどうか?
  • パチンコ台よりももっと万人がイメージしやすいモノ、あるい例えばですが教師や政治家などの役職を演じようとしてるのに馬鹿馬鹿しいというネタの方が、もっと人間まさのりのおかしさや中年の哀愁が出て、より笑えるのではと思ってしまいました。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
87 92 95 95 92 89 93 643

⑩ウエストランド

内容:マッチングアプリ

構成 22/25
表現力・熱量 22/25
オリジナリティー 17/20
客受け 17/20
エクストラポイント 8/10
合計 86/100
「可愛くて性格のいい子いないよ」で1ポイント、「悪口漫才師が好きな奴この世に一人もいない」で1ポイント、「お笑いは今まで何もいいことが無かった奴の復讐劇」で1ポイント、エキストラポイントは合計8になりました。

寸評

  • 思ってたよりも、こじんまりまとまってしまった印象です。
  • これまで9組の流れを受けて、もっとボケの井口が前半から暴れ回ったり(例えば審査員とかお客さんに毒はいたり)、もっと刺さる言葉をガンガン放って、場を掻き回しても良かったのでは。
  • ネタ中に出てくるワードそのままに、意外と品行方正に見えたかも。
  • あとはタイトルをつけづらい=構成として芯となる本筋が無いというかブレるネタで、そこも減点対象となったかかなと思います。
審査員の点数
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼 合計
88 91 85 86 90 90 92 622

ファーストラウンドの結果

私の採点の上位3組は

  • 1位:おいでやすこが94点
  • 2位タイ:見取り図93点
  • 2位タイ:マヂカルラブリー93点

でした。審査の結果、最終決戦に進出したのは私の予想と同じく

  • 1位:おいでやすこが658点
  • 2位:マヂカルラブリー649点
  • 3位:見取り648点

の3組となりました。

最終決戦

最終決戦はファーストラウンド3位→2位→1位の順です。

①見取り図

内容:生まれ故郷を大事に

構成 23/25
表現力・熱量 23/25
オリジナリティー 17/20
客受け 17/20
エクストラポイント 8/10
合計 88/100
「ドアノブカバーの言い方」で1ポイント、「俺ってドラキュラなんかな」で1ポイント
「便座カバーの言い方」で拍手笑いがきて1ポイントで、エクストラポイントは7になりました。

寸評

  • 1本目に比べるとパワーダウンした感は否めません。
  • 音響の問題かリリーのボケが聞き取りづらい箇所があったのが残念。
  • 個人的には2人同じ立場での言い合いっぽい展開よりも、1本目のマネージャーとタレントのように立場が違う2人のやりとりの方が、ネタの構図として見やすくて見取り図には合ってるように感じました。

②マヂカルラブリー

内容:つり革に掴まりたくない

構成 23/25
表現力 24/25
オリジナリティー 19/20
客受け 18/20
エクストラポイント 9/10
合計 93/100
「これまず何線なの」で1ポイント、床をのたうちまわる箇所で拍手笑いが起きて1ポイント
小便がダイレクトにかかる箇所で1ポイント、車内販売を購入する流れで1ポイント、でエクストラポイントは9になりました。

寸評

  • 1本目に引き続き、このコンビでしか出来ない野田クリスタルの独特の動きに村上のツッコミを当てるオリジナリティー溢れるネタでした。
  • 見る側に揺れる電車の車内をしっかりと想像させる必要があり、観客に委ねる部分が多いトリッキーなネタにも関わらず、野田クリスタルの一挙手一投足が観客の心をしっかり掴んで笑いも取っていてお見事でした。

③おいでやすこが

内容:ハッピーバースデーの歌

構成 23/25
表現力 24/25
オリジナリティー 18/20
客受け 19/20
エクストラポイント 10
合計 94

英語の歌を歌いきって場がダレないこがけんとパワーダウンせずキレッキレのツッコミを終始続けるおいでやす小田に1ポイント、ここぞのタイミングでの「覚えられへん」で1ポイント、「聞こえてるやろ」「はい」で1ポイント、「何がやねん」で1ポイント、「ジュークボックスか」で1ポイント、で計10ポイント

寸評

  • 1本目と基本パターンは同じですが、観客を飽きさせず爆笑を取っていて流石でした。
  • 1本目を絡めたオチもキレイに決まりました。
  • 個人的にはNo.1の評価でしたが、マヂカルラブリーと甲乙付け難いと思いました。
  • 強いて言うと、歌ってない時のこがけんの個性・キャラを少しだけでも引き出せる箇所があってもいいのかもと思いました。

最終決戦の結果

私の採点結果は、

  • 1位:おいでやすこが94点
  • 2位:マヂカルラブリー93点
  • 3位:見取り図88点
でしたが、審査員の投票結果は
巨人 冨澤 志らく 礼二 松本 上沼
見取り図 マヂカルラブリー 見取り図 マヂカルラブリー マヂカルラブリー おいでやすこが おいでやすこが
  • 1位:マヂカルラブリー3票
  • 2位タイ:おいでやすこが2票
  • 2位タイ:見取り図空2票
マヂカルラブリーが優勝。審査員の票も割れて接戦でしたが、見事マヂカルラブリーが16代目の王者に輝きました。

準決勝を見た上で決勝の感想

準決勝の生配信を見た上での、決勝の感想を1組ずつ書いておきます。

  • 「インディアンス」は準決勝を見る限り、観客に「はいはい、いつもの感じね」とキャラバレしてる感じで二人の熱量もあまり感じられず、正直今年は厳しいかなと思ってました。一回ダメだったことでうまく開き直れたのか、しっかり立て直して敗者復活を勝ち抜き、決勝でもノビノビとネタをしていて恐れ入りました。
  • 「東京ホテイソン」は準決勝でかなりウケてて、順当に決勝進出を決めましたが、巨人師匠が言うように観客に考えさせるネタで、初見の人が多い決勝の観客には確かに“難しい”と思われる部分もあったかも。
  • 「ニューヨーク」は賞レースなどの舞台にも場慣れしてきたのか、準決勝も決勝も太々しさを感じるくらい堂々としてました。あとはガッツリ観客にハマって爆発するネタを作れれば優勝に近いコンビだと思います。
  • 「見取り図」は準決勝でも決勝でも安定して笑いを取っており、安定感は抜群です。決勝1本目のようにツッコミの盛山がボケのリリーに振り回されるネタで、良いネタができれば来年以降優勝が見えてくるかと思います。
  • 「おいでやすこが」は元々ピン芸人の2人がR-1出場資格を失ったことを追い風に、準決勝でも爆発的なウケを取って、その勢いで決勝でもしっかり結果を残しました。来年以降のユニットの動向がわかりませんが、もっといろんなパターンを見たいと思わせるユニットです。
  • 「マヂカルラブリー」はR-1での野田クリスタルの優勝含め、今まで積み上げてきたことが花開いた印象です。準決勝でも決勝でも観客がマヂカルラブリーの世界を受け入れてる印象で、そこまで持ってこれたのは2人の実績と実力かなと思います。
  • 「オズワルド」は準決勝も決勝も、1位を取るような爆発的な笑いが無く、そこが最終決戦進出を果たせなかった原因かと。マヂカルラブリーのように積み重ねることで花開くこともあるので来年以降に期待です。
  • 「アキナ」は準決勝ではかなりウケてたのに、同じネタが決勝ではハマらず、観客の違い環境の違い含め、賞レースの難しさを感じました。技術は確かなので来年以降に期待です。
  • 「錦鯉」は準決勝でも決勝でもボケの雅紀のキャラがしっかり受け入れられていた印象です。パチンコ台ではなくもっとシンプルにボケのバカっぽさが伝わるネタの方が決勝の観客にはハマったのかも。
  • 「ウエストランド」はツッコミの井口の魂のツッコミが観客にハマっていたが、決勝では同じことをしているのに、意外とこじんまりと感じてしまいました。来年はもっと井口が暴れ回って場をかき乱してくれることを期待してます。
ということで、M-1グランプリ2020の採点をしてみました。審査員の点数に関しての分析を、次回書きたいと思います。
M-1以外の賞レースも以下のように勝手に採点しております。
じゃらん特集一覧