グルメ

【そばダイニング凛や(西武池袋駅)】改札内エミオ池袋の店

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第二十四弾になります。西武池袋駅構内「そばダイニング凛や」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

そばダイニング凛や

総合評価

5点満点で3.5。改札内という立地も含め西武池袋線を利用する方がさくっと腹ごしらえするには使い勝手の良いお店です。とりたてて欠点があるわけでは無いのですが、これといった決め手に欠けるのと、少々お高めの値段を考慮してこの点数に。

外観

早起きして紅葉映える三峯神社に向かうため山手線池袋駅で乗り換えて、西武池袋駅の改札内のこちらの店で腹ごしらえをすることにしました。

朝のラッシュで混雑する西武池袋駅構内。改札に向かう人の流れに逆行して店に到着したのは月曜日の午前8時10分頃。先客は12名程でした。

食べたメニュー

ざる、冷やしたぬき、冷やしきつね、冷やし山菜、冷やしかき揚げ天、冷やし海鮮かき揚げ天、かけ、たぬき、きつね、月見、山菜、とろろ、コロッケ、ちくわ天、かき揚げ天、海鮮かき揚げ天、天玉、とろろ昆布ときつね、梅わかめ炒り胡麻かけ、鴨南蛮、肉蕎麦つけ麺、蕎麦つけ麺南蛮、それぞれのそば/うどん、そしてカレー、カレーきし麺、いなりなどの中から選んだのは・・・

鴨南蛮そば
630円。店の外の券売機で買った食券を渡して待つこと約40秒。鴨が5枚載って、いい感じに鴨肉の油が浮いた「鴨南蛮そば」が完成しました。

甘さはしっかり感じつつもマイルドで上品なつゆです。麺は柔らかくコシはありませんが駅そばとしては合格点。鴨肉はまあ良くも悪くも普通。全体的に“悪く無い”のですがこれといった決めてに欠ける印象。

店舗情報

場所:西武池袋線池袋駅構内地下1階改札内、駅中商業施設「エミオ池袋」に「そばダイニング凛や」はあります。
JR池袋駅構内にも別の駅そば「爽亭」があります。
営業時間:6:30〜23:00(日曜休み)。
座席数:スタンディングのカウンターが9席、2人掛けテーブルが5つ、入り口に小さい2人用テーブルが1つ。
交通系IC:使用可能。食券制。
食べログ評価:2020年11月12日現在で3.38
外観も店内も清潔感があってキレイで女性一人でも入りやすいお店だと思います。次回は都営大江戸線牛込柳町駅近くの路麺店を紹介します。
じゃらん特集一覧