【三峯神社(埼玉)前編】紅葉映える関東屈指のパワースポット

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。
日本国内の離島や辺境の地を巡る一人旅が趣味の一つでして、写真と共にオススメの場所を紹介していこうという企画をやってきましたが
今回は番外編として離島でも辺境でも無い関東の近場で関東屈指のパワースポット三峯(みつみね)神社」を紅葉映える時期に訪れた時のことを書きたいと思います。

三峯神社

三峯神社は埼玉県秩父市の西部(旧大滝村)、標高1102mの三峰山上にある神社で主祭神は「伊弉諾尊(イザナギノミコト)」と「伊弉冉尊( イザマミノミコト)」“関東屈指のパワースポット”としてメディアで紹介されることもある関東では有名な寺社仏閣の一つです。紅葉の時期は特に参拝者で賑わいます。今回はちょうど紅葉の時期に行くことが出来たので写真と共に紹介したいと思います。

アクセス

車で行く場合

三峯神社map

関越自動車道・花園ICより国道140号線、秩父やまなみ街道経由で約1時間40分

冬場はスタッドレスタイヤ必須です。有料駐車場有り。

鉄道で行く場合

西武池袋駅<特急ちちぶ号(約1時間30分)>西武秩父駅<バス(約1時間15分)>三峯神社

熊谷駅<秩父鉄道(約1時間40分)>三峰口駅<バス(約50分)>三峯神社

私の場合は

11月のある晴れた平日、三峯神社へ向かう。

平日の朝の山手線は通勤通学客で満員。リュックを背負ってトレッキングシューズを履いた少々場違いな格好の私は、池袋駅で西武鉄道に乗り換え、売店で朝っぱらからお酒を買って午前7時30分出発の特急に乗車。前日の睡眠不足とお酒の力で爆睡し気づくともう秩父の近くまで来ていました。

秩父駅からのバスは満員で・・・

西武秩父駅のバス乗り場に向かうと既に長蛇の列。座れないのは覚悟しましたが乗れないと困るなと少々焦りながらバスを待つこと7,8分。やって来た9時10分発のバスに何とか乗り込みましたが座席は埋まっており、立ちっぱなしのまま1時間15分掛けて10時半に三峯神社に到着しました。

「いもでんがく」でパワーチャージしてから境内へ

いもでんがく

茶屋に売っていた「いもでんがく」でパワーチャージ。じゃがいもではなく奥秩父特産の「中津川いも」という芋の田楽は、じゃがいものホクホク感はあまり無く歯ごたえがある少し不思議な食感で、味噌と醤油の味付けがじゃがいもとの相性抜群で非常に美味でした。

境内に入る前から紅葉が美しく、テンションが上がります。境内の入り口の鳥居は、三ツ鳥居という鳥居を3つくっつけた珍しい形をしており↓↓↓

三峯神社の神の使いはオオカミのため、鳥居の前には狛犬ではなくオオカミが鎮座しています。

境内へ入ると・・・

境内に入ると神聖な空気に気持ちが引き締まるような感覚になります。三ツ鳥居をくぐって200mくらい進むと左にあるのが、1691年に建立された隋身門(ずいしんもん)です。

隋身門

門をくぐる前に、先に神社内から下界が一望できる「遥拝殿(ようはいでん)」より↓↓↓絶景を眺めて、

遥拝殿からの景色

続いて、三峯神社を創始したとされる、日本武尊の巨大な銅像(本体5.2mで、地上から約15mの高い場所から見下ろしています。)を見て↓↓↓

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像

いよいよ隋身門から中に入ります。見所がたくさんある「三峯神社」、後編ではいよいよ拝殿へ、そして奥宮へと向かいます。