【海鳥の楽園】天売島から【羊の楽園】焼尻島(北海道)へ

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。

天売島後編

日本国内の離島や辺境の地を、写真と共に紹介する企画の「天売島焼尻島から道北」中編(【海鳥の楽園】天売島から【羊の楽園】焼尻島へ)になります。前編では圧巻のウトウ・ナイトウォッチングを楽しんで宿に戻ってきました。

泊まった宿は

天売島には大規模なホテルはありません。旅館/民宿、ゲストハウスなどがあります(→こちらを参照)が、私が宿泊したのは「萬屋旅館」です。決め手は
  • 一人で宿泊可能かどうか(一人旅なので)
  • 料理の内容(夕食内容は前編参照)
  • 宿泊料金が手頃か
でした。「萬屋旅館」は1名1室利用で一泊二食で8000円からととてもリーゾナブル。

翌朝

フェリーの時間まで余裕があり、天気も良かったので、レンタサイクルを借りて島を時計回りに一周することにしました。港の近くの「おろろんレンタル」に荷物を預かってもらい、電動自転車でサイクリングを開始します。
急な坂道を電動自転車のありがたみを感じながらペダルを漕ぎ、昨日ウトウを見た「赤岩展望台」を通り「海鳥観察舎」へ到着。

海鳥観察舎

景色も最高ですが、無料の望遠鏡で現在日本ではこの島にしか繁殖していない「ウミガラス」通称オロロン鳥を観察しました。

間近で見ると↓↓↓こんな鳥ですが、さすがにここまで綺麗には見えませんでした。
出典:サッポコ
望遠鏡でやっと姿が捉えられる位距離は離れていましたが、しっかり観察することが出来ました。その後も自転車に乗りながら景色を堪能し、1時間半程で島を一周して港に戻って来ました。

焼尻島

フェリーに乗って25分程で隣の「焼尻島」で下船しました。焼尻島(やぎしりとう)は武蔵水道を隔てて西方にある天売島とともに羽幌町に属しています。周囲約12km、人口は183人(2019年10月現在)。

この島でもレンタサイクル

天売島は少しアップダウンがあり(と言っても高い山があるわけではありません)電動自転車のありがたみを感じる島でしたが、焼尻島はほぼ平らな島でサイクリングにはとても適したところです。
島の中央付近の牧場には、頭と四足が黒いイギリス原産サフォーク種という羊が約200頭飼育されています。
まさに羊の楽園といった感じで↓↓↓映像で見ると癒されます。

ゆっくりと2時間程で島を一周、本当は一泊してウニと羊料理を食べたいところでしたが・・・

島を後にして

名残惜しさを感じつつも乗船時間がやって来ました。行きとは違い高速船に乗り焼尻島を後にすると約55分で羽幌港へ到着。港から連絡バスで羽幌の中心にある本社ターミナルまで行き、更に北へ向かうバスに乗り換えて「豊富温泉」へ向かいます。