【関東屈指のパワースポット】三峯神社後編。拝殿から奥宮へ。

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。
日本国内の離島や辺境の地を巡る一人旅が趣味の一つでして、写真と共にオススメの場所を紹介していこうという企画の番外編。離島でも辺境でも無い関東の近場の「三峯(みつみね)神社」後編。拝殿から奥宮を訪れ、帰りに秩父名物のくるみ汁そばとわらじカツ丼を食す旅です。

三峯神社後編

ようやく拝殿へ

境内に入り、「遥拝殿(ようはいでん)」からの絶景を眺めたり「日本武尊の銅像」を見たりしてから(【関東屈指のパワースポット】紅葉映える三峯神社(埼玉)前編参照)、「隋身門(ずいしんもん)」をくぐってしばらく歩くと「拝殿(はいでん)」が見えてきます。
拝殿
参拝客で混雑していて全然いい写真が撮れませんでしたが、キレイに撮れるとこんな感じになります。↓↓↓
参拝を済ませたところ、拝殿手前の敷石に平成24年の龍(辰)年「龍の姿が浮かび上がってきた」と紹介されていました。乾いている時は見えづらいのですが、水を掛けるとくっきりと浮かんできます。

何だかご利益がありそうということで写真を撮っておきました。

奥宮へ向かいます。

拝殿での参拝を済ませお守りを購入。多くの人はこれで参拝終了となるのですが、時刻はまだ11時15分。時間にも余裕があったので私は「奥宮」へと向かいました。
奥宮とは、神社のある社殿(多くの場合は本殿)に対する他の社殿の関係を現す名称のひとつです。奥社、上宮、あるいは元宮というところも。山裾と山頂の二社に同一の祭神を祀る場合、山裾の神社に対して山頂の神社を奥宮・奥社・上宮と言います。
実は「遥拝殿」【関東屈指のパワースポット】紅葉映える三峯神社(埼玉)前編参照)は、妙法ヶ岳の頂上に鎮座する「奥宮」の見晴台になっており、そこから奥宮を拝むことで参拝したことになるらしいのですが、せっかく来たので標高1329mの妙法ヶ岳の頂上に鎮座する、奥宮を目指します。

山道を歩くこと約1時間

一旦境内の入口の三ツ鳥居まで戻り、お土産屋さんや食事処を左に見ながら、その先にある林道を進んで行きます。目指す「奥宮」は山道を歩くこと約1時間、ほぼ登山になることはわかっていましたので、トレッキングシューズとリュックという格好で準備は万端です。
木漏れ日の中を歩いて行くにつれ、次第に本格的な山道になって行きます。途中息切れする程のきつい坂があり、「何故リュックにパソコンとか重たい荷物を入れてたんだろう」と後悔しつつ、何度か休憩を挟みながら進みます。休憩してる人を追い抜いたり、また下山してくる人とすれ違いざまに「こんにちは」と挨拶したりしながら、何とか気力を振り絞り途中ある四つの鳥居をくぐり歩き続けること約1時間

奥宮

最後は岩場の急斜面を鎖に摑まりながら登って、ようやく山頂に到着。奥宮が鎮座する山頂は神聖な空気に包まれていました。7,8人の先客がおり、なんだか同じ試練をくぐり抜けて来た同志のような感覚になります。そしていよいよ奥宮の神様にお参りをして

山頂からの景色をしっかり堪能し少し休憩すると、山道で消耗したはずの気力と体力が回復して来ました。12時半になり、来たのと同じ険しい道を下って行くことになるのですが、パワーを頂いたおかげなのか疲労をあまり感じずに、足取り軽く下りは40分程で戻ってくることが出来ました。

腹ごしらえをして

食事処の「大島屋」で、「わらじカツ丼」「くるみ汁そば」か大いに悩んだのですが、結局「くるみ汁そば」を注文しました。ですが・・・注文してから隣に運ばれて来た「わらじカツ丼」がとても美味しそうでちょっと後悔をし始めることに。
少し太めの田舎蕎麦にくるみ汁がよく絡みます。とて空腹だったのであっという間に食べ終わると時刻は13時25分。「あ、13時半出発のバスに間に合う!」会計を済まし、「わらじカツ丼にしとけば良かったかな。でも、わらじカツ丼だと13時半のバスには間に合ってなかったから結局正解か」など思いながらバスに乗車。

途中下車して日帰り温泉へ

バスを途中下車して道の駅大滝温泉内の日帰り温泉施設「遊湯館」へ立ち寄ります。
ヌルヌルの感触がする弱アルカリ性(PH8.4)のお湯に包まれ、登山の疲労も回復しました。再びバスに「三峯神社」からやってくる混雑したバスに乗車し、立ちっぱなしのまま西武秩父駅へ戻って来ました。そんな中、心の中に残る後悔「わらじカツ丼にすれば良かった・・・。」そばを食べてからあまり時間は経っていないが、池袋行きの特急までは少し余裕がある。ということ決断しました。

結局わらじカツ丼

わらじカツ丼

後ろ髪をひかれていた「わらじカツ丼」を最後に食べて心置きなく秩父を後にすることになりました。紅葉の美しさも相まっていい気分転換、そしていい思い出になりました。次回はまた国内の離島辺境を紹介します。