グルメ

【エキュート上野内】駅そばを食べ歩く⑩国産二八蕎麦 蕎香(上野)

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。
駅そば・・・都内の駅にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第十弾になります。東北常磐方面への玄関口上野駅構内(改札内)エキュート上野にある「国産二八蕎麦 蕎香(きょうか)」に行ってみました。

国産二八蕎麦 蕎香

場所と営業時間

JR上野駅構内3F エキュート上野にあります。営業時間:平日・土曜7:00~23:00(L.O.22:45) 、日曜・祝日7:00~22:30(L.O.22:15)。

エキュート上野
出典:エキュート上野

外観

外観だけ見ると街にある小洒落た蕎麦屋という雰囲気ですが、食券を販売機で購入して店内に入るという「駅そば」スタイルです。
「国産二八蕎麦 蕎香(きょうか)」は、前に紹介した「そばいち」(→「【立地最高】駅そばを食べ歩くシリーズ⑦そばいち(新宿)」と同じくJR東日本の飲食業子会社日本レストランエンタプライズが運営する駅そば店で、上野駅にしかありません。

訪問した日時

月曜日15時20分頃。客数7名、うち女性2名でした。

座席数

着席のカウンターが21席で全席禁煙です。店内は明るく清潔感があります。

食べたメニュー

かけそば、二八そば、かき揚げそば(かき揚げせいろもある)、海老天そば(海老天せいろもある)、鴨そば(鴨せいろもある)、わかめそば(冷やしもある)、国産とろろそば(冷やしもある)、肉南蛮そば、きのこつけ蕎麦、そして丼とのセットなどがある中から選んだのは・・・

 

きのこつけ蕎麦
880円、交通系カードOK。食券を購入し席に着き店員に渡します。提供時間1分41秒。店員が席まで持ってきてくれます。

麺は、二八蕎麦。噛み応えがあり風味があり、いわゆる「駅そば」とは一線を画すクオリティーです。つけつゆは甘めで、きのこには濃いめの味がついています。つゆの中にはきのこが数種類(シメジ、なめこなど)入っていて、つゆにつけた蕎麦と絡めて食べると蕎麦単体で食べるのとは風味、食感が変わります。全体的にレベルが高いです。

総合評価

5点満点で3.3。味は満足ですが、やはり他の「駅そば」に比べると少々お値段が高いと感じるのは否めません。2019年12月14日現在で「食べログ」3.47という点数です。
JR上野駅の改札内にある「国産二八蕎麦 蕎香は立地条件が良く、清潔感と高級感もあり二八蕎麦はさすがの味ですが、個人的にその前に半分の値段で食べられる十割蕎麦を食べてしまったので(→【コスパ最強十割蕎麦】駅そばを食べ歩く⑨嵯峨谷(浜松町))、それと比較するとやはりコスパ面で分が悪いのは否めません。次回は日比谷駅の駅そばを紹介する予定です。