グルメ

品川駅構内【エキュート品川】にあるモダンな駅そば【吉利庵】

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第三弾になります。名古屋大阪方面に新幹線で向かう時に使う品川駅。弁当の種類も豊富、お店もたくさんあって選択肢が多いため、これまでほどんと訪れていなかったJR品川駅構内、エキュート品川内の「かき揚げ蕎麦 吉利庵」を訪れました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

かき揚げ蕎麦 吉利庵

総合評価

5点満点で3.5。とまずまずの点数です。店はキレイで味も悪く無いのですが、値段が駅そばにしては少々高めで、コスパを考えて個人的に3.5という評価にしました。

外観

エキュート内のカレー屋、立ち食い寿司屋など飲食店が集まるエリアにある「吉利庵」。昭和30年代からつづく老舗の駅蕎麦の売店「常盤軒」が出店した高級路線の立ち食いそば店で、ご覧の通りはいわゆる和モダンの外観で高級感があり、立ち食い蕎麦感は薄く、入りやすい作りになっています。訪れたのは日曜日17時頃。店内は空いており、客数は5名程でした。
常盤軒としては同じ品川駅の山手線ホームの大崎寄り、横須賀線ホーム東京寄りに店舗があります。

メニュー

かけ、もり、きつね、たぬき、コロッケ、かき揚げなどがあり、それぞれ温かい蕎麦と冷やし両方可能です。食べたのは店名の由来にもなっている・・・

かき揚げ蕎麦

520円(オフィシャルサイトに記載されてる料金と異なります。値上がりした模様)。食券を買って店に入るとすぐに店員が食券を受け取ってくれます。水を取りに行き席に着くや否や蕎麦を持って来てくれました。提供時間なんと10秒接客もすごく丁寧で好感が持てました。

つゆはあっさり主張控えめです。少々物足りない感じはありました。麺はモチっとしてはいるのですが、茹で置きなのは否めずボソボソしていて少し残念な感じではありました。かき揚げは半球状の独特な形でサクッと揚がっていてさすが店名に「かき揚げ」と入るだけのことはあるなという印象。

店舗情報

場所:JR品川駅構内、エキュート品川サウス。
常盤軒としては同じ品川駅の山手線ホームの大崎寄り、横須賀線ホーム東京寄りに店舗があります。
営業時間:平日/土 6:00~23:30(ラストオーダー 23:00)、日/祝日 6:00~22:30( ラストオーダー22:00)
座席数:イスが5席程、立ち食いカウンターが30席程。
交通系IC:使用可。食券制。
食べログ評価:2019年10月25日現在で3.22
新幹線移動の際の食事。個人的にはお酒飲みながら駅弁食べるのは至福のひとときですが(そして新横浜到着前に食べ終えてしまう)、時間があまり無いけどサクッと食べてから新幹線で仕事したい時などは「吉利庵」はうってつけの店だと思います。次回JR秋葉原駅の駅そばを紹介します。
じゃらん特集一覧