グルメ

【静岡駅】駅そば【富士見そば】名物はチーズたっぷり「チーズそば」

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画を行っておりますが、その番外編として旅先で食べた「駅そば・立ち食いそば」を紹介します。第十四弾は静岡県静岡市の静岡駅ホームの駅そばです。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

静岡駅

静岡駅・・・静岡県静岡市にあるJR東海道新幹線/東海道本線の駅。在来線の上りホーム/下りホーム両方にある駅そばが「富士見そば」です。今回は下りホームのお店を訪れました。

富士見そば

総合評価

5点満点で3.5。「チーズそば」を注文。たぬきそばの上にドロンと乗ったモッツアレラチーズ。そばにチーズ?その相性は・・・意外とイケる。チーズのコクと出汁の旨味の相乗効果で深みのあるつゆ。そばとチーズが絡んでなんとも不思議な新感覚の食感。七味ではなくタバスコを一振りすると味変して、もはや立ち食いそばではない新しい何かの誕生。

外観

金曜日の午前11時20分頃、東海道本線静岡駅の下りホームに降りると「富士見そば」が見えてきました。吹きっさらしで立ち食いのカウンターのみの昔ながらの“駅そば”です。右側にある券売機で食券を購入します。

メニュー

かけ、たぬき、きつね、温玉、かき揚げ、チーズ、肉、それぞれのそば/うどん、ラーメン、トッピングで揚げ玉/あぶら揚げ/温玉/かき揚げ/わかめ/とろろ/チーズ/チャーシュー3枚、おにぎり(現金精算)などある中から選んだのは・・・

チーズそば
450円。食券を渡すと待つこと1分ほどで、たぬきそばにモッツアレラチーズがドロンと乗ったインパクトのある一杯の出来上がりです。

まずはつゆを一口。チーズのコクと揚げ玉の脂の旨みも相まって濃厚で芳醇。麺とチーズを一緒に頂きます。茶色い歯切れのいいそばにとろーりとしたチーズが絡む新感覚の食感。タバスコを一振りすると一気に味変して、麺入りのピザのようなナンのような新たな別の炭水化物の誕生です。

場所:静岡駅在来線上りホーム/下りホーム。

富士見そばは、明治22年創業の駅弁で有名な「東海軒」が運営する立ち食いそば店。静岡駅の上りホーム/下りホームの他、静岡空港に「静岡空港東海軒富士見そば」を構える。
営業時間:7:30~19:00。年中無休。
座席数:カウンターの立ち食いスペースが5〜6人分ほど。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2021年12月27日現在で3.28
今回は東海道本線「静岡駅」の駅そばを紹介しました。次回は千葉県千葉駅の「駅そば」を紹介します。
じゃらん特集一覧