グルメ

神田駅近く【神田須田町】の立ち食いそば「めんや」は明日葉天が絶品


Warning: file_get_contents(https://kotori1107.com/soba-tongarashi_suidobashi/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/kotori1107/kotori1107.com/public_html/wp-content/themes/jin/functions.php on line 572
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第六十七弾になります。東京メトロ銀座線神田から徒歩2分ほど、中央通りから路地を少し入ったところにある路麺店・立ち食いそば「めんやに行ってきました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

めんや

総合評価

5点満点で4.2。「いか天そば+おすすめ単品(明日葉天)」を注文。ほどよい甘さと旨味のバランスが絶妙であっさり上品なつゆ。麺は色白の細麺でのどごし良し。歯応えと弾力がある「いか天」に、爽やかな香りと鮮烈な苦味が鼻に抜ける「明日葉天」など、構成する全ての要素が隙がない至極の一杯。

外観

木曜日の午後3時20分頃。秋葉原での仕事を終えて、中央通りを万世橋を渡り神田須田町の交差点を過ぎてすぐの路地を右に曲がったところに、年季の入った「そば うどん」の看板が目立つお店が見えてきました。透明なサッシに貼り出された手作りメニューを眺めつつ入店。

メニュー

ざる、もり、天ざる、天もり、かけ、たぬき、きつね、山菜、とろろ、天ぷら、春菊、いか天、それぞれのそば/うどん。天丼/ミニカレー/ビビンバとのセット、いなり、おにぎり、おすすめ単品各種、トッピング各種などの中から選んだのは・・・

いか天そば410円+おすすめ単品「明日葉」100円
510円。食券を渡し、待つこと5分半ほど。わかめにいか天と明日葉天がのって麺が見えないほどボリューミーな一杯が完成。いざ実食です。

まずはつゆを一口。返し柔らかめであっさり上品で、後から出汁の香りがふわっと鼻に抜けます。続いて麺をすすります。注文の都度ゆでる生麺はツルンとしたのどごしで歯応えも良し。巨大な「いか天」は噛みきれないほどの弾力。揚げたての「明日葉天」は独特の苦味と香りで食欲を掻き立てます。鮮やかな緑の見た目も良しで味も良しで、隙がない一杯。

店舗情報

場所:東京メトロ銀座線神田駅から徒歩2分。JR山手線/中央線/京浜東北線神田駅から徒歩6分。東京メトロ丸ノ内線小川町駅/都営地下鉄新宿線淡路町駅から徒歩3分。秋葉原駅から徒歩7分。
営業時間:月〜金8:30〜16:00、土日祝日休み。
座席数:カウンターのイス席が15席
交通系IC:使用不可。券売機現金購入。
食べログ評価:2021年11月4日現在で3.56

喫茶店で休憩して

「めんや」からすぐ近くの喫茶店に立ち寄り。

とても雰囲気のいい喫茶店「高山珈琲」でケーキをコーヒーを頂いてから帰路に着きました。

神田・淡路町/淡路町から近く、秋葉原からも徒歩圏内という便利な立地にある「めんや」に訪れた際は、是非ここでしか味わえない「明日葉天」を味わって頂きたいです。次回はまた別の「駅そば・路麺店」を紹介します。
じゃらん特集一覧