グルメ

しなの鉄道【戸倉駅】の駅そば【かかし】はそばも手作り惣菜も絶品

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画を行っておりますが、その番外編として旅先で食べた「駅そば・立ち食いそば」を紹介します。第十六弾は長野県千曲市の戸倉(とぐら)駅の駅そばです。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

戸倉駅

戸倉(とぐら)駅・・・長野県千曲市にあるしなの鉄道しなの鉄道線の駅。戸倉駅にある改札内・改札外両方から利用できる駅そばが「かかし」です。

かかし

総合評価

5点満点で3.7。「きのこそば」と「上ホルモン焼」を注文。あっさり薄口だが出汁のつゆに田舎そば風のやや平打ちの麺。きのこはツルンと食感よし味よし。ホルモンは臭みがなくプリンとした歯応えよしでこちらも味よし。そば・惣菜共に駅の待合室で頂く一杯・一品としては至極。

外観

しなの鉄道線戸倉駅に降り立ち、戸倉の街の公衆浴場でひと風呂浴びて戻ってきた水曜日の午前11時半頃、駅の待合室にあるそば処「かかし」に向かいました。改札内からも改札外からも利用可能な“駅そば”でカウンターに積まれた惣菜も充実してます。

メニュー

かけ、月見、とろろ、山菜、わかめ、自家製天ぷら、きのこ、馬肉、かかしスペシャル(具材全部載せ)、それぞれのそば/うどんもつうどん、トッピング各種、やきとり、からあげ、煮物、モツ煮、上ホルモン焼き、こぶくろ、ナンコツ、ハンバーグ、サンドイッチなど惣菜各種などある中から選んだのは・・・

きのこそば+上ホルモン焼
きのこそば500円、上ホルモン焼350円。注文して待つこと1分半ほどで、きのことネギが乗った「きのこそば」の出来上がりです。惣菜の「上ホルモン焼」と共に現金と引き換えで受け取って、机で頂くことにします。

かつおと昆布で出汁を取ったあっさり薄口のつゆに、田舎そば風のやや平打ちの中太麺が合います。具のきのこは種類によって食感の違いが楽しめ、味も抜群。臭みのない上品な味のホルモンは途中からそばつゆに投入し、更に贅沢な一杯に。風情ある駅の待合室ですする熱々のそばと手作りの美味しい惣菜で心も身体も温まりました。

場所:戸倉駅1番ホームおよび改札外の駅待合室。

営業時間:7:30~14:00(L.O.13:40)
座席数:カウンターのイス席が4席、待合室にテーブル4卓、ホームにテーブル1卓。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2022年1月12日現在で3.29

そばを頂く前に寄った公衆浴場

駅から10分ほど歩いたところにある「戸倉国民温泉」というなかなかたいそうな名前の温泉に立ち寄り。掛け流しの天然温泉が300円!大変いいお湯でした。

今回はしなの鉄道戸倉駅の駅そばを紹介しました。次回は同じ長野県塩尻駅の「駅そば」を紹介します。
じゃらん特集一覧