グルメ

【小田急新宿駅】地下の駅そば「箱根そば」総本店【箱根そば本陣】

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第八弾になります。前回第七弾でJR新宿駅の構内の「そばいち新宿店」を紹介しましたが、同じ新宿駅でも、今回は小田急新宿駅(改札外)の「箱根そば本陣」に曜日と時間を変えて2回行き、違うメニューを頼んでみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

箱根そば本陣

2回訪れての総合評価

5点満点で3.4。つゆはあっさり目ですがちゃんと出汁が効いてます。麺はほんのり風味を感じますが若干ボソボソ。ほうれん草がいいアクセントになっています。全体的に悪くは無いのですが、コスパを考えると可もなく不可もなくという評価になりました。

外観

訪問した時間

  • 1回目は木曜日の15時20分頃。客数は18名ほど、女性客もちらほら。
  • 2回目は金曜日の12時30分頃。お昼時とあって席はほぼ満席でした。
JR新宿駅」改札内の「そばいち」同様に(【そばいち(新宿)】立地最強!JR新宿駅改札内の駅そば参照)清潔感がある外観で気軽に入りやすい店構え。店の外に大きく「おしながき」が提示してありメニューも選びやすいです。いざ、入店。

食べたもの1回目

定番系以外に、山かけ、三陸産めかぶ、いか天、牛肉、小海老入り天玉、小海老入りかき揚げ天などがあり、それぞれ蕎麦とうどん両方可能です。その中から選んだのは・・・

小海老入りかき揚げ天そば
530円、。食券を店員に渡し注文口付近で出来上がりを待つオーソドックスなセルフサービススタイルです。提供時間:約22秒

食べたもの2回目

カレー丼セット

670円、。提供時間:約30秒

味(1回目)

つゆはあっさり優しい味ですが少し薄く感じます。もう少しカツオ出汁を感じたいです。麺は少し柔らかめな印象。かき揚げはサクサク感はそんなにありませんが小エビの食感を楽しめるこだわりを感じる一品です。かき揚げ以外にほうれん草とネギも入っていてなかなか具沢山です。

味(2回目)「カレー丼セット」

あっさり優しいつゆですが、前よりも出汁感が増したかもしれません。麺は生麺だけあってほんのり風味を感じますが、若干ボソボソします。カレーはオーソドックスな具なしのシンプルなカレー。お腹を満たすにはいいがこのカレーを是非オススメという一品ではありませんでした。

店舗情報

場所:小田急新宿駅地下コンコース、小田急新宿駅西口地下改札を出てすぐ(JR新宿駅西口改札から徒歩2分程)にあります。
箱根そば 本陣は、小田急線沿線を中心に46店舗(FC含む)展開する箱根そばの総本店とも言うべき店舗です。小田急グループの飲食事業会社「小田急レストランシステム」が経営しています。
営業時間:平日・土曜日6:30~23:00(ラストオーダー 22:45) 、日曜祝日6:30~22:00(ラストオーダー 21:45)。
座席数:座席42(座り12、立ち席30)
交通系IC:使用可。食券制。
食べログ評価:2019年12月6日現在で3.27
小田急線ユーザーであればこちらの店を利用する機会もあるかと思いますが、私は新宿に向かう際は山手線を使うので、そうなるとJR新宿駅改札内の「そばいち」の方が優先度は高くなります。次回は浜松町にある路麺店を紹介します。
じゃらん特集一覧