グルメ

地下鉄大手町駅連絡通路メトロピアの立ち食いそば「めとろ庵」

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第三十三弾になります。東京メトロ大手町駅の連絡通路にある商業施設メトロピアにある駅そば「めとろ庵 大手町店」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

めとろ庵 大手町店

総合評価

5点満点で3.2。上品な甘めのつゆにこだわりの生麺。具材の「かまぼこコロッケ」は独特の不思議な食感です。麺は合格点ですが、個人的につゆと具材はあと一歩という評価でこの点数になりました。

外観

土曜日のお昼12時20分頃。千代田線の大手町駅で下車。東京駅に向かう途中、東西線との連絡通路の途中に紫ののれんがかかった「めとろ庵」が見えてきました。

入店すると細長い通路になっており、券売機で購入し一列に並びます。自分の順番が来たら食券を渡して商品を受け取るシステムです。奥は広くなっており壁に沿ってイス席が10席、中央にガラスで仕切られたスタンディングの席が16席。先客は5人でお昼時にしては空いています。

メニュー

かけ、もり、ざる、きつね、たぬき、月見、あおさわかめ、とろろ、かき揚げ、かき揚げ玉子、春菊天、いか天、ちくわ天、それぞれのそば/うどん、カツ丼/鶏天丼/かき揚げ丼/カレー丼/カツカレー丼とのセット・・・などの中から選んだのは・・・

かまぼこコロッケそば
540円。季節限定という言葉に惹かれて「かまぼこコロッケそば」を頂くことに。食券を渡して待つこと30秒程できつね色に揚がった「かまぼこコロッケ」が白い麺の上に乗ったそばが完成。いざ実食です。

甘めのつゆはあっさりと上品でほんのに出汁を感じるが、やや奥行きと深みに欠ける印象。麺はしっかり“そば”を感じる生麺でこだわりを感じます。「かまぼこコロッケ」は野菜入りのかまぼこを揚げたもので、独特の不思議な食感ですが、個人的にはあまり好みでは無かったです。

店舗情報

場所:東京メトロ大手町駅改札外。千代田線と東西線の連絡通路。
めとろ庵-東京メトロの子会社が経営するそばチェーン。大手町店以外に西船橋、新木場、錦糸町、後楽園に店舗を構えています。
営業時間:平日7:00~22:00(日曜祝日休み)
座席数:イス席が10席。スタンディングの席が16席。
交通系IC:使用可。
食べログ評価:2020年12月12日現在で3.25
大手町の連絡通路、東京駅に向かう途中にあり立地は抜群で使い勝手は良い店です。JR・私鉄・地下鉄、各社駅そばがあり、それぞれの特色があるのも面白いところです。次回は丸ノ内線新高円寺駅近く、ロードサイドの「路麺店」を紹介します。
じゃらん特集一覧