グルメ

【曙橋駅】路地に佇む立ち食いそば・路麺店【立ち食いそば曙】

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第十六弾になります。都営地下鉄新宿線で新宿駅から2つ目の曙橋駅A2出口を出て、1分少々歩いた路地に佇む路麺店「立ち食いそば曙」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

総合評価

5点満点で3.8。具沢山な「あけぼのそば」はつゆ・麺・具材の全てがなかなかのクオリティーで味は太鼓判を押せます。もう少し値段がお手頃だと・・・といったところ。

外観

新宿で用事があった後、ネットで見てこちらの店を訪れるため都営新宿線に乗り、25年程東京に住んでいて初めて「曙橋」で下車しました。細い路地を歩いて店に到着したのは金曜日14時10分頃。渋い店構えのこじんまりとしたお店ですが、こだわりが感じられ“あたり”の予感です。

メニュー

かけ、あけぼの、ニラ天、春菊天、特選かき揚げ、小えび天・温玉、野菜天・とろろ・生卵、肉・ニラ天・生卵それぞれのそば/うどん(温かい/冷たい)、かけそば&かき揚げ丼セットなどから選んだのは・・・

あけぼのそば(温)
600円。店員に食券を渡すと、注文後にそばを茹で始めます(天ぷらも注文を受けてから揚げていました)。先客が4名程いたため待つことおよそ6分。店名がついたメニューは美味しいに違いないというイメージで頼んだ「あけぼのそば」が出来上がりました。

つゆは少し甘めで出汁がしっかり効いています。麺は風味も腰もあり立ち食いそばにしてはなかなかのクオリティー。「あけぼのそば」の特徴は「豚しゃぶ」「温泉卵」「かまぼこ」「大葉に乗った大根おろしと梅肉」と具沢山なことです。どの具材もつゆと合います。特に「大根おろしと梅肉」はさっぱりとした辛味と酸味が、つゆとそばとマッチして絶品でした。

店舗情報

場所:都営地下鉄曙橋駅のA2出口右方向を出て20m程歩いた角の細い路地を右へ。しばらく行くと左側に黄色いテントが目立つ店があります。

曙 -地図

営業時間:営業時間:月〜金7:00〜15:00土11:00〜15:00(定休日:日曜・祝日)
座席数:スタンディングのカウンターのみ。6名程で満席になるスペース。
交通系IC:使用不可。食券制。
食べログ評価:2020年3月28日現在で3.42
初めて下車した「曙橋」。大都会新宿からすぐの場所でありながら比較的のんびりとした雰囲気の空気の流れる下町という印象でした。四谷三丁目からも徒歩圏内ですので近くに来た際には揚げたての「かき揚げそば」を食べてみたいと思います。次回は以前、浜松町店を訪れたことのある「嵯峨谷」の渋谷店を紹介します。
じゃらん特集一覧