グルメ

有楽町のガード下、飲食店街の中にある「蕎麦や はないち」

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第四十五弾になります。JR有楽町ガード下にある路麺店「蕎麦や はないち」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

蕎麦や はないち

総合評価

5点満点で3.2。つゆは薄めでかえし弱め。麺はコシがないいわゆる茹で麺に揚げて時間が経ち固くなったかき揚げ。良くも悪くもオーソドックスな“立ち食いそば屋”という印象。

外観

水曜日の15時半頃。JR有楽町駅中央口を出て左、ガード下を東京駅方向へ少し歩いたところの半地下のような場所に「蕎麦や はないち」が見えてきました。階段を降りて、店外の券売機で食券を購入します。店内は先客3名。

食べたメニュー

かけ、もり、かき揚げ、天玉、春菊、ちから、玉子とじ、月見野、ちくわ天、鴨せいろ、鴨南蛮、それぞれのそば/うどん、親子丼/かつ丼/野菜天丼/海鮮天丼や、親子丼/かつ丼/天丼/ネギトロ丼/かき揚丼とのセットなどの中から選んだのは・・・

かき揚げそば
430円。食券を店員に渡して待つこと35秒程。かき揚げとネギ天がたっぷりのった「かき揚げそば」が目の前に。いざ実食です。

薄味のつゆはかえしも弱めで、遠くにほんのり出汁を感じます。麺はコシがなくボソボソしたいわゆる茹で麺。かき揚げは揚げて時間が経ちかなりカチカチの状態。良くも悪くもオーソドックス、これといった特徴を感じ無いそばでした。

店舗情報

場所:JR山手線、京浜東北線有楽町駅から徒歩1分程。
駅の反対側にあるビックカメラで買い物をしてから帰宅しました。
営業時間:月〜金7:00~20:00、年中無休。
座席数:イス席が11席。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2021年3月19日現在で3.29
有楽町のガード下の飲食店が並ぶ一角にある「蕎麦や はないち」は、用事の前の腹ごしらえや呑みの後のシメにうってつけのお店です。次回は京成青砥駅の「駅そば」を紹介します。
じゃらん特集一覧