グルメ

京成青砥駅ホームの駅そば「三松 」のしいたけそばは出色の一杯。

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第四十六弾になります。京成線青砥ホームにある駅そば「三松 青砥店」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

三松 青砥店

総合評価

5点満点で3.6。大ぶりの椎茸が4つのった「しいたけそば」を頂きました。しいたけの出汁と煮汁も加わり味わい深い甘めのつゆに、ペロンとした柔らかい食感自家製麺。そして甘く味付けされた椎茸。駅そばとしては出色の出来。

外観

木曜日の14時15分頃。京成本線と押上線が乗り入れる青砥駅の2階上り1,2番ホーム(上野方面、押上方面行き)に向かうと、“そば・うどん・ラーメン・カレーライス”と書かれた暖簾のかかった「三松 青砥店」が見えてきました。立ち食いのカウンターのみで5人も入ればいっぱいになる店内に先客は1名。

食べたメニュー

ざる、もり、かけ・・・その他定番各種メニュー、しいたけ、山菜、肉、それぞれのそば/うどん、ラーメン、メンマラーメン、チャーシューメン、カレーライス、かき揚げ丼、小かき揚げ丼/小カレーとそば・うどん・ラーメンのセットなどの中から選んだのは・・・

しいたけそば
490円。注文して待つこと1分40秒程。大ぶりの椎茸が4つのった「しいたけそば」が完成。現金と引き換えに受け取っていざ実食です。

甘めのつゆはしいたけの出汁と煮汁も加わり、旨みと奥行きを感じます。自家製の白い麺はボソボソ感のない、ペロンとした柔らかい食感。大ぶりのしいたけは甘い味付けが抜群で、食べ応えがあります。駅のホームで食べる“駅そば”としては出色の出来でした。

店舗情報

場所:京成線青砥駅2階上り1,2番ホーム(上野方面、押上方面行き)。
営業時間:月〜金6:30~20:00、土日祝日7:00~15:00
三松は荒川区の製麺所「三松屋食品」が経営する立ち食いそば店。青砥駅の他、新橋にも店舗があります。
座席数:スタンディングのカウンターのみ。5人分ほどのスペース。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2021年3月27日現在で3.18
京成本線と押上線が乗り入れる「青砥駅」ホームにある「三松 青砥店」は、乗り換えの際にサクッと食べるにはうってつけのお店です。次回は都営新宿線小川町駅/東京メトロ丸ノ内線淡路町駅近くの「路麺店」を紹介します。
じゃらん特集一覧