【全室が離れ】山里湖畔の秘湯旅館、鹿児島吹上温泉「みどり荘」

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。
国内の秘湯を訪れるのが趣味一つでして、第七弾は【全室が離れ】山里湖畔の秘湯旅館、鹿児島県の吹上温泉「みどり荘」を紹介します。

吹上温泉

吹上温泉は、鹿児島県日置市吹上町にある西郷隆盛斎藤茂吉らの多くの文人に好まれた温泉。単純硫黄泉。また、戦時中には特攻隊員らが最後に過ごした場所でもあり、遺品などを展示する旅館もある。西方には日本有数の砂丘、吹上浜が広がっている。

吹上温泉へのアクセス

車で行く場合

鹿児島空港から約1時間。鹿児島市内(鹿児島中央駅)から約50分

熊本市内から九州自動車道経由で約2時間45分。福岡市内から九州自動車道経由で約3時間45分

鉄道で行く場合

博多駅<新幹線(約1時間30〜40分)>鹿児島中央駅<路線バス(約1時間5分)>小作

高速バスで行く場合

博多<高速バス(約4時間35分)>鹿児島中央駅<路線バス(約1時間5分)>伊作

熊本<高速バス(約3時間30分)>鹿児島中央駅<路線バス(約1時間5分)>伊作

飛行機で行く場合

各地<飛行機>鹿児島空港

鹿児島空港<レンタカー(約1時間)>吹上温泉

鹿児島空港<リムジンバス(約1時間)>伊作東本町

私の場合は

鹿児島市内を観光した後

鹿児島市内の観光スポット、桜島などを回った後
鹿児島中央駅からバスで伊作へ。宿の送迎車が迎えにきてくださいました。バス停から車で5分程で宿へ到着。

吹上温泉湖畔の宿「みどり荘」に宿泊

予約した宿はネットで評判が良かった「みどり荘」です。風格のある歴史を感じる正門の門構え、客室(全8室)は全て離れ(1人泊でも離れに宿泊)の和室、中庭に「みどり池」という大きな池があるとても風情のある宿です。

内風呂と露天風呂は源泉が別

内風呂と家族風呂は共同源泉からの引き湯で、墨の様に黒いお湯です。露天風呂は飲泉可能な自家源泉。無色透明、アルカリ性で化粧水のように“トロリとした”お湯で硫黄の香りを強く感じます。露天風呂から眺める「みどり池」は格別です。

露天風呂から眺める「みどり池」

夕食は鹿児島の郷土料理を中心にした会席料理

出典:吹上温泉「みどり荘」

特に自家製の「薩摩揚げ」「と「黒豚しゃぶしゃぶ」は絶品です。この宿以上の「豚しゃぶ」は今のところ食べたことがない、と言っても過言では無いくらいの美味しさです。焼酎は地元の「宝山シリーズ」など充実したラインナップで飲兵衛にはたまりません。一人泊一泊二食付きで14500円+税〜(料理と部屋により料金は変わります)でした。

翌日

朝食もヘルシーかつボリューム満点

朝食もサラダに湯豆腐、焼き魚にまぐろ、温泉卵に味噌汁、釜で炊いたご飯などが並び、なかなかのボリュームです。

枕崎から指宿へ

チェックアウト後は再び送迎車で「伊作」バス停まで送って頂きました。伊作からは路線バスで枕崎へ。
枕崎からはJR指宿枕崎線に乗って指宿へ。

絶景の露天風呂へ

指宿からバスで「指宿ヘルシーランド」というところへ向かいます。ここは人気口コミサイト「トリップアドバイザー」の「行ってよかった日帰り温泉&スパ」部門でこれまで4年連続全国1位に輝いた絶景露天風呂があります。
露天風呂からの景色を堪能した後、隣にある「砂むし温泉」へ。
砂風呂(砂むし風呂)-温かい砂を首から下の全身に掛け、その温熱効果によって身体を温める蒸し風呂の一種。一般的な入浴の3倍近い発汗作用があると言われている。
砂風呂でたっぷり汗をかいたら砂をシャワーで流して、再び温泉へ。体がポカポカして芯から温まった実感があります。絶景露天風呂と砂風呂で心も体もリフレッシュしたところで、今回の旅は終了となります。
吹上温泉「みどり荘」は周りには何も無い秘湯ですが、緑に囲まれた広大な敷地内にある「みどり池」の遊歩道を散歩したり、極上の温泉と絶品料理と地元の焼酎を堪能し、そして離れでのんびりと自分の時間を満喫するにはうってつけの素晴らしい宿です。次回東北の宿を紹介します。