芸人時代

【ルミネtheよしもとオープン】一本の電話をきっかけに芸人引退

ことりです。44歳。2019年7月1日よりフリーランスとして活動中。

2001年ルミネtheよしもとオープン

1998年渋谷公園通り劇場が閉館、1999年銀座七丁目劇場」も閉館し、東京吉本の劇場が一つも無くなって、若手芸人達がホームグラウンドを失うこととなりました。以降は2ヶ月に1度くらいフジタヴァンテという代々木のイベントスペースで芸人100組以上が1組1分から2分のネタをするのが、若手にとってほぼ唯一のネタを披露する機会という状態が続いていましたが、2001に東京吉本に大きな動きがありました。新宿駅隣接の商業ビルLUMINE2の7階に吉本の劇場「ルミネtheよしもと」がオープンすることになりました。

ルミネ用オーディションを受けるも

「ルミネtheよしもと」出演に向けてのオーディションが開催されて、審査員となる構成作家の前でネタを披露するネタ見せを行いました。それまで渋谷公園通り劇場でお世話になっていた作家とは違う構成作家達の前でのネタ披露で、当然今までとは違う見られ方をして当たり前なのに、ダメ出しされたことに対して「でもこのネタで受けたんですよ」と私はその場で反論してしまいました。まあ、当然そんな奴が出演出来るわけもなく不合格となりました。2回目のルミネ用オーディションはライブでのネタ披露でお客様さん投票によって順位が出ましたが、これもあまり芳しい結果ではありませんでした。

劇団の方では・・・

渋谷公園通り劇場に出演していた芸人達はユニットというか劇団を結成して芝居を定期的に行っていました。
芝居での私の出番は限られたものでしたが、裏方としての役割もあるため稽古には基本毎回参加し、公演が近づいてくるとチケ売りと称し、週に3日4日は渋谷に来て道行く人に声を掛けてチケットを手売りして、毎週日曜日には代々木公園で路上ライブを行ってというのを続けていました。

精神的に不安定で・・・

その頃の私は、3桁あった貯金もほぼ底をつき(【芸歴5年目、貯金も底をつき】渋谷公園通り劇場閉館後⑤参照)、出番もあまり無い中で稽古に参加しチケットを売り続けなければならないプレッシャーとストレス、そしてこのまま今の形を続けていていいのだろうか?という先行きの見えぬ不安とで、精神的に不安定で煮詰まっていて周りがよく見えなくなっていた(上記ネタ見せでの発言なども含め)と今になっては思います。きっと周りに対してよく無い空気、雰囲気を醸し出していたのであろうと想像出来ます。そんな状況でみんなで集まっての話し合いを一度法事でお休みしました。

ある日一本の電話が掛かって来ました

一回お休みした後、その次の話し合いが近々にあるというタイミングで、劇団の制作を担当してる方から電話があって「気を悪くしないで聞いて欲しいんだけど、実はこの前、君が参加してないミーティングの時に話題にもなって」と切り出されて、劇団に自分が必要とされていないという趣旨の事を言われ、いわば首を宣告されることとなりました。自分の存在場所が欲しくてしがみついていたけど、劇団には必要とされてなくてむしろ雰囲気を悪くしていて、言ってしまえば邪魔な存在になっていたことにその時気づきました。もちろん、ルミネtheよしもともオープンしたし、やるならピン芸人として頑張れという意味合いもあっての宣告でしたが、自分の中でプツッと糸が切れた瞬間でした。

その電話をきっかけに

その電話を終えた瞬間に、私は芸人を辞めることを決断しました。すぐにデビューの頃からお世話になっていた吉本の社員さんに電話して「芸人を辞めます。」と伝えました。「そうか、やっと決断したか。」と冗談交じりの労いの言葉をもらって、これからどうする気だと聞かれ「構成作家になろうと思います。」と話して電話を切りました。何よりも“ホッとした”というのがその時の一番の感情でした。2001年の春頃芸人を引退する決断をした時の話でした。次回へ続きます。