グルメ

町屋駅近くの立ち食いそば・路麺店【八起そば】センターまちや内

ことりです。構成作家・脚本・イベント制作を生業としております。
駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第三十六弾になります。千代田線・京成本線・都電荒川線町屋駅から徒歩1分、複合施設「センターまちや」にある路麺店「八起そば」に行ってみました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

八起そば

総合評価

5点満点で3.7。ほどよく返しが効いた甘めのつゆと、細めのもっちり生麺はなかなかのクオリティです。ゲソ天がちょっぴり揚げてから時間が経過しており、その分減点してこの点数になりました。

外観

火曜日の午前11時40分頃。千代田線町屋駅の改札を出て地上に上がった、駅前の複合施設「センターまちや」1階に「八起そば」はあります。

店内は立ち食いのカウンターで10人程のスペース。先客は3人でした。券売機でメニューを確認して現金を投入します。

メニュー

かけ、もり、ざる、きつね、たぬき、月見、わかめ、とろろ昆布、めかぶ、山菜、納豆、おろし、豚肉、牛肉、かき揚げ、げそ天、げそ天玉、カレー、それぞれのそば/うどん、ミニカレー/ミニ天丼/ミニ牛丼/ミニネギトロ丼、天ぷらなどのトッピングやいなり・・・などの中から選んだのは・・・

ゲソ天そば(そばの写真撮り忘れ)
430円。食券を渡して待つこと30秒程で「ゲソ天」そばが完成。いざ実食です。

ほどよく返しが効いた甘めのつゆは、あっさり目ながらしっかり出汁を感じます。細めのやや白い生麺はもっちりとした食感でなかなかのクオリティ。ゲソ天は揚げてから時間が経過して若干シナっとなっており、少々残念でした。

食事ついでに

千代田線で隣の根津駅へ移動し、「根津神社」を参拝。
根津から谷中の街中を10分少々歩き、有名な古民家カフェ「カヤバ珈琲」へ。
カヤバ珈琲-昭和13年に創業し平成18年に閉店した珈琲店を、平成21年に有志によって復刻して営業している古民家カフェ。
ふわふわの卵焼きが厚みのあるしっとりとしたパンで挟まれた、名物の「たまごサンド」を頂き満腹になって帰路に着きました。

店舗情報

場所:京成本線・東京メトロ千代田線・都電荒川線町屋駅から徒歩1分。
営業時間:月〜金6:30~17:00、土曜8:00〜17:00(日曜祝日休み)
座席数:スタンディングのカウンターが10席ほど。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2021年1月8日現在で3.43
じゃらん特集一覧