グルメ

中野駅北口・商店街入口【かさい】の名物は太めでモチモチの田舎そば

駅そば・路麺店・・・都内の駅構内や駅周辺にある立ち食いそばを食べてそのお店を紹介していこうという企画の第八十一弾になります。JR中央・総武線/東京メトロ東西線の中野駅北口改札を出てすぐ、中野サンモール商店街の入口にある路麺店「かさいに行ってきました。
ことりのプロフィール/経歴はこちら

かさい

総合評価

5点満点で3.7。「ちくわ天そば」を注文。出汁がしっかり効いた濃い目のつゆに、コシがあるモチモチの食感の太い田舎そば。丼からはみ出るちくわ天は、衣は柔らかめで中はしっかり歯応えがありボリュームも十分。行列ができるのも納得のお店。

外観

土曜日の午後1時15分頃。中野駅の北口改札に降り立ち、ロータリーの横断歩道を渡った中野サンモール商店街の入口に、黄色い看板と暖簾が目立つ吹きっさらしのカウンターの昔ながらの立ち食いそば「かさい」が見えてきました。

メニュー

田舎、たぬき、月見、わかめ、きつね、コロッケ、かき揚げ、ごぼう天、ちくわ天、アジ天、イカ天、それぞれのそば/うどん(冷やしはプラス50円)。サイズはハーフ・並・大盛りの3種類から選択可能でトッピング各種あり。そこから選んだのは・・・

ちくわ天そば
420円。注文してから1分ほどで、丼からはみ出るちくわが乗った「ちくわ天そば」が完成。すりおろしたしょうがを小さじ2杯まで投入できます。

つゆはしっかり出汁が効いて濃い目だがクドさはありません。麺は太い田舎そば。柔らかいがモチモチで独特の食感で、コシがありパツンと歯切れ良し。巨大なちくわ天は衣は柔らかめですが、中は肉厚でしっかり歯応えがあり。途中ですりおろしたしょうがを投入し味変すると、一杯で二度楽しめます。ひっきりなしにお客さんが訪れ、行列ができるのも納得のお店でした。

店舗情報

場所:中央・総武線中野駅、東京メトロ東西線中野駅北口改札から徒歩30秒ほど。中野サンモール商店街入口。
営業時間:月〜金7:00〜14:00、15:00〜22:00。土曜祝日7:00〜14:00、15:00〜19:00。日曜休み。
座席数:カウンターの立ち食いスペースが5人分。
交通系IC:使用不可。
食べログ評価:2022年1月7日現在で3.57
創業40年以上の歴史ある立ち食いそば「かさい」は、隣の「おやき処れふ亭」と共に、中野駅北口のシンボル的存在です。この日私は「かさいでそばを頂いたあと「れふ亭」で大判焼き(回転焼き/今川焼き)をお土産に買って帰りました。次回は池袋東口の「路麺店」を紹介します。
じゃらん特集一覧